みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

珪藻土の家が冬暖かい理由とは?

      2017/09/09

珪藻土壁の部屋は夏は涼しく冬は暖かいということでも人気のある素材です。ではなぜ珪藻土壁の部屋は冬暖かく過ごせるのでしょうか?
その秘密は珪藻土の性質によります。

珪藻土は調湿効果があることで有名な素材です。室内の湿度が乾き過ぎていれば湿気を壁が放出し、湿度が高すぎれば壁が湿気を吸収してくれます。同じ温度でも湿度が高ければ暖かく感じ、湿度が低ければ涼しく感じますので、冬場の乾燥時期に珪藻土壁が適度な湿度を保ってくれることで室内の湿度が一年を通して一定に近い状態となり、冬は暖かく感じるのです。ただし、調湿効果は珪藻土壁材のつなぎ材に左右されますので、調湿効果を感じたいならつなぎ材も自然素材にこだわった珪藻土壁を使用することをおすすめします。

 

また、珪藻土は断熱効果があるために外の気温を室内に伝えにくいのも冬のお部屋を暖かく保ってくれるポイントです。

 

 

 

 - 未分類 , , , ,