みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

押入れをクローゼットにするリフォームのポイントと費用の相場

   

押入れをクローゼットにリフォームする場合に考えておきたいポイントと費用の相場について解説します。

 

押入れをクローゼットにリフォームする際にする主なこと

押入れをクローゼットに変える際にする主なことは以下の3つです。

①押入れの中棚をはずす
②ハンガーパイプを設置する
③扉をふすまから洋風の扉に変更する

押入れをクローゼットにするには布団を乗せる用の中の棚を取り外してコートなどもかけられる空間にし、ハンガーパイプを設置すること、そして押入れの扉をクローゼットの扉に変更することが主な工程です。本格的なクローゼットにするのか、今までの押入れの形状を活かしてクローゼット風にするのかで使い勝手もリフォーム費用も変わってきます。

 

押入れを一般的なクローゼットにリフォームする場合

押入れを一般的な洋室のクローゼットにリフォームする場合は扉をふすまから洋風の扉に変更し、中棚をとりはずしてハンガーパイプを設置します。中に棚を設置したり、内部にクロスを貼ったりすることでクローゼット内の使い勝手を向上させたり、クローゼット内も部屋の雰囲気と統一させることができます。費用は内部の棚や扉の種類によりけりですが、10万円~25万円くらいと考えておけば良いでしょう。

 

押入れを簡易的なクローゼットにリフォームする場合

完全なクローゼットに変更せず、これまでの押入れを活かして簡易的にクローゼットとすることで費用を抑えることもできます。

押入れの中棚を取り外してハンガーパイプを設置し、扉は洋風の引き戸に変更するというもので、押入れ内上部の天袋もそのまま活かします。使用するときに内部がクローゼットのような明るさはないものの、収納力が損なわれず、押入れの奥行を活かせるというメリットもあります。簡易的なリフォームの場合は3万~6万円くらいです。

 

収納するものと目的を考えてお部屋に合ったクローゼットを手に入れましょう

クローゼットをはじめとした収納リフォームは収納するものをどのように収めるかがあらかじめ分かっていると失敗が少ないので、何をどれくらい入れたいのかを検討してからリフォームに着手すると良いでしょう。押入れのリフォームは簡易的なものから本格的なクローゼットへのリフォームと幅広くパターンがありますので、予算と目的に合わせてプランを練ると良いですよ。

 

 

 - 未分類 , , , , ,