みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

床材が変わるだけでお部屋の印象も肌触りも違う!無垢フローリングの種類その②【自然素材リフォーム】

      2017/11/03

自然素材の床の代表的な素材が無垢のフローリングです。本物の木のぬくもりは裸足で歩いても、寝そべっても気持ちがいいものです。では、そんな無垢材は木の種類によってどんな特徴があるのでしょうか?

 

ウォルナット(クルミ)

ウォルナットは欧米で昔から床材として使われてきた素材です。特徴はなんといってもダークなカラー。床の色が黒いのでモダンなインテリアや男前インテリアに向きます。木目もナチュラルなので主張し過ぎないダークな床に仕上がります。

 

タモ

タモはくすみがかったナチュラルなカラーの木材です。タモ材はナラ材とどちらにするかよく悩まれるよく似たテイストの材料となります。違いはタモはナラに比べて木目がはっきりしていることとナラ材によくある虎目模様がないというところです。ナラ材よりもリーズナブルなところもポイントです。

 

 

メープル(楓)

メープルは明るくナチュラルな色合いでリビングなどの空間を明るくしてくれます。また、摩擦や割れに強く、傷も目立ちにくいのもポイントです。

 

 

色、木目、そして硬さを選ぶポイントに

木材によって色や木目の濃さが異なり、それぞれの素材によって部屋の雰囲気が大きく変わります。節があるパイン材や杉の木、節がなく木目も薄いバーチなど、木目の模様や木の色で好みのインテリアを創り出すと楽しいですね。そして自然素材の無垢の床はぜひ素足で歩きたいもの。硬い素材、柔らかい素材、それぞれに特徴と良さを持っています。これからの住まいの過ごし方を想像して選んでいくと家族とともに成長する床材を選ぶことがきっとできるはずです。

 

 

 

 

 - フローリング, リフォーム, , 未分類, 自然素材 , , ,