みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

やっぱり和室が欲しい!今の時代のリビングに合ったモダンな和室づくりのポイント

      2017/11/03

畳の上でごろんと寝転がりたい、涼しくて程よい硬さの畳が気持ちいい、などといった理由でやっぱり和室が欲しい!といった声も増えています。では、モダンでリビングとの統一感を持った和室など「今」の和室とはいったいどんなものなのでしょうか?「今」のお家らしく和室を創る和室リフォームのポイントをご紹介します。

リビングとのつながりを持ったモダンな和室づくりのポイント

色の数を少なくする

モダンな和室づくりの最大のポイントは色を使い過ぎないことです。畳縁(たたみべり)と呼ばれる端の部分の色を気を付けたり、畳縁のない畳を採用したりするとそれだけでも今っぽい畳の部屋になります。そのほかの柱の色などを黒っぽい色ではなく明るい木の色にするとリビングの空間とつながった明るい和室になりやすくなります。

 

琉球畳など、モダンなデザインの畳にする

畳の形も今流行の琉球畳のような正方形にするとグッと洋室っぽくなります。畳表と呼ばれる畳の色もさまざまなカラーから選ぶことができますので、フローリングの色との相性を考えて選ぶと良いでしょう。

 

照明は明るい白色等または黄色みのある蛍光灯に

照明は普通の蛍光灯にするといわゆる「昔っぽい和室」になりがちですので、黄色みのある自然な色の蛍光灯にするか、もしくは白熱灯にするとモダンな和室になります。

 

 

 

 - , 未分類, , 自然素材 , , ,