みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

リフォーム工事中の職人さんへのお茶出しは?どんなものを出したらいい?

   

リフォームをする際に気になることの一つが職人さんへのお茶出し。どんなものを出したらいいの?そもそも出すのか出さないのか?など気になることは多いと思います。工事期間中は毎日顔を合わせる職人さん。お世話になるので何か差し入れをしたいけど、やりすぎもかえって気を遣わせてしまうのではと心配になるかと思います。そこでどんなものが良いのかをまとめてみました。

そもそも「この家はお茶も出さない」と思われることはない

お茶などの心遣いは不要というのは職人さんも理解しており、リフォーム会社からあらかじめ説明されることもあるかもしれません。ほとんどの職人さんが「お茶も出してくれない」なんて思わないそうです。逆にやり過ぎな差し入れはかえって気を遣ってしまったり、差し入れの内容によっては休憩時間を合わせなければならず、気を遣ってしまうようです。

 

お茶出しをするなら「ご自由にどうぞ」が基本

休憩時間は10時と15時に取ることが多いのでそのくらいの時間帯にペットボトルのお茶などを「ご自由にどうぞ」と持って行けばよいでしょう。朝に一言のメモとともに現場に置いておくのでも良いでしょう。

お茶は出したらあまり入り浸らずに現場を離れた方が良いです。ずっと見られていると作業がしづらいですし、現場は危険もあるので職人さんとしては住人に現場にずっといられるのは逆に困ってしまいます。

コップや湯呑でお茶出しするのでももちろんOKですが、現場はホコリが舞ったりするので蓋があるペットボトルの方が良いようです。日中飲み切らなかったとしても帰りの車の中でも飲めますしね。

同様にお茶菓子も袋に小分けされているものがおすすめです。

基本的にお茶出しは必須ではありません。お茶よりも大切なことは顔を合わせたときに挨拶することです。「ご苦労様です」「お疲れ様でした」など、挨拶をすることが大切です。

 

 

 

 

 

 - 未分類 ,