みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

築10年を迎えたら!住まいのチェック項目

   

新築住宅に引っ越したり、家を新築してから10年を経過したくらいの時期から家のところどころから劣化や傷みが出てきます。築10年ではまだリフォームの必要性は低い時期ですが、外壁や屋根の劣化や内装の汚れや水回りの使いづらさなどが気になる時期でもあります。ここでは築10年を迎えた家のチェック項目をご紹介します。

 

 

屋根のチェック項目

屋根は毎日直射日光や風雨にさらされる場所。でも、通常はなかなか目につかないのも屋根という場所です。実際に屋根に上ることは困難なので、バルコニーなどから見える範囲でも良いので定期的にチェックするようにしてください。
特に台風や雪が多く積もった後などは点検するようにしましょう。

 

外壁のチェック項目

屋根と同様、外壁も劣化しやすい箇所。塗装の剥がれやひび割れ、汚れなどの劣化状態をチェックしましょう。外壁塗装は家の外観を綺麗にするだけでなく、家そのものを守る役割も果たしますので定期的な塗り替えをおすすめします。

 

 

水回りのチェック項目

水回りは家の中でも特に汚れやすい場所。キッチンの床に取れにくいシミやバスルームのカビ、給水・排水設備が劣化していないかをチェックしましょう。

 

 

 

内装のチェック項目

床の劣化のチェック方法はスリッパを脱ぎ、靴下の状態で床材の劣化がないか?床がフラットな状態を保っているかを確認しましょう。
水回りの床にビニール材の素材を使用している場合はビニール材が剥がれてきていないかをチェックしましょう。

壁は汚れやキズがないかをチェックします。壁紙の継ぎ目に線が現れていないか?所々浮いてきていないかを確認しましょう。

 

 

 - 未分類 , ,