みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

水戸で外壁リフォームするなら知っておきたい「重ね張り」と「張り替え」とは

      2017/10/31

外壁リフォームで聞かれる言葉に「重ね張り」と「張り替え」があります。両方ともサイディングなどの外壁材を新しく貼るリフォームですが、どのような違いがあるのでしょうか?

重ね張り

モルタルやサイディングなど、今ある外壁の表面に下地材を塗って、その上から新しい外壁材を設置する方法です。モルタル外壁の家もサイディング外壁にすることが可能です。

 

外観は新築同様になりますが、下地はそのまま補修をして使用するので下地が大きく老朽化していたり腐食している場合は新しく設置した外壁が落下する可能性もあるので重ね張りには下地をよくチェックしたうえで施工する必要があります。

 

張り替え

外壁を一旦はがし、骨組みだけにして下地の部分からやり直しをする方法です。外壁の下地から新しくするため、老朽化した家でも構造的にしっかりした家に生まれ変わります。断熱を一新することも可能です。

 

 - リフォーム, 外壁塗装, 未分類 , , , , ,