みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

水戸でバリアフリーリフォームするなら知っておきたいトイレのバリアフリー

      2017/07/05

将来の家族の生活スタイルに合わせたリフォーム。中でもバリアフリーリフォームは使う人の快適性やサポートする人の使いやすさを重視してリフォームをすることが大切です。ここではバリアフリーリフォームの中でもトイレのバリアフリーリフォームについて解説します。

 

トイレのバリアフリーは将来のライフステージにとっても大切

高齢になると家にいることも多く、またトイレに立つ回数も増えます。毎日、一日に何回も使う場所なので使いやすく快適であることが大切です。

 

トイレのバリアフリーをする場所

トイレのバリアフリーは色々な種類があります。すべてを必ずつけなければならないというわけではありませんが、使う人、サポートする人の将来像を思い描きながら設備を考えていくと良いでしょう。

 

手すり

トイレの立ち座りを助ける手すりはトイレのバリアフリーでも代表的なものです。歩行が困難になっても手すりを頼りに歩いて自分でトイレに行ける人も多いのです。自分でトイレに行けることはとても大切なことですので、トイレの中、さらにはトイレまでの廊下にも必要であれば手すりを設置するようにしましょう。

 

トイレのドア・段差のリフォーム

トイレのドアを引き戸にしたり、段差をなくしたりするバリアフリーリフォームです。

 

介護スペース

トイレの中を広くして介助する人が一緒に入れるように少し間取りを変えるリフォームです。将来車いすでトイレ内まで入れるようにするなら入り口を広くとることも大切です。

 

時にはトイレを移動させることも考える

水回りを移動させるのは比較的大掛かりな工事になりがちですが、できればトイレは寝室の近くにあった方が良いです。寝室と同じ階にあることはもちろんですが、できれば寝室の隣にトイレが設置できると使う人も快適です。

 

 

 

 

 

 - 未分類 , , , ,