みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

水戸市で自然素材リフォームをするなら考えておきたい自然素材のメリットとデメリット

      2017/10/30

リフォームは住環境をより良くするためのもの。そのリフォームに自然素材を使用することで住む人にとってより良い住まいづくりをすることができます。珪藻土壁や無垢のフローリングは住む人と共に呼吸し、家の中を快適に保ってくれます。一方で自然素材は工事費が高いなどのデメリットも存在することも確か。そこで、自然素材リフォームのメリットデメリットをご紹介します。

リフォームで使える自然素材とは

リフォームで使える自然素材は主に以下のものです。

・珪藻土壁・漆喰壁
・無垢材のフローリング
・畳
・大理石などの天然石の床

自然素材は主に床や壁などの面積の広い場所に使われます。
珪藻土壁や漆喰壁などの塗り壁は継ぎ目がなく、デザイン性に富んだ仕上がりにすることも可能です。

 

自然素材のメリット

・家全体がナチュラルな雰囲気になる。
・床が程よい固さとやわらかさを持っており、はだしで歩くと気持ちがいい。
・年月が経つにつれて変化していき、経年の「味」を楽しめる。
・珪藻土壁は空気清浄効果がある
・珪藻土壁は調質効果があるので梅雨時は部屋がカラッとしており、冬の乾燥時には壁が程よく湿度を排出してくれる。

このほかに、冷房の使用が減った、朝の目覚めがよくなった、珪藻土壁にすることによってアレルギーの改善が見られたなどという声もよく耳にします。(※人によって効果は違います。)

 

自然素材のデメリット

それでは自然素材のデメリットとはどんなものなのでしょうか?

・工事費が高い
・工期が長い
・素材が経年によって変化することがある
・素材にばらつきがある
・施工する職人さんの腕に頼ることになる

自然素材はどうしても工場での大量生産品に比べて材料費が高くなったり、工事期間が長くなったりするため、工事費が高くなる傾向にあります。また、塗り壁などは特に職人さんが手で施工するために工期がながくなったり、職人さんの腕によって仕上がりに差が出るのも事実です。

自然素材の塗り壁を希望する場合は塗り壁専門の職人さんが揃っている左官屋さんにお願いするのが確実です。

 

 

 

 - 未分類, 自然素材, リフォーム , , , , , ,