みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

外壁塗装 フッ素塗料の特徴と耐久年数

      2017/10/31

外壁塗装に使用される塗料には主に4種類に分けられます。この4種類の中でも最も耐久性の高いものがフッ素塗料です。フッ素塗料はビルの外壁などに使用されてきましたが、近年、低価格化が実現し、一般の戸建て住宅の外壁にも使用されるようになってきました。

フッ素塗料は耐久性が高いのが特徴

外壁塗装の塗料にはグレードがあり、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素に分けられます。この中で一番耐久性が高いのがフッ素塗料です。

シリコン塗料の耐用年数が10~13年であることに対し、フッ素塗料の耐用年数は15~20年です。

 

フッ素塗料のメリット

フッ素塗料のメリットは耐久年数が長いこと、仕上がりに光沢感があるため汚れにくくカビや藻が生えにくいことも特徴です。

 

フッ素塗料のデメリット

フッ素塗料のデメリットはやはり他の塗料に比べて価格が高いことです。そして塗膜が固いため弾性が弱く、ひび割れに対応できません。

 

長い目で見れば逆に安上がりになることも

フッ素塗料の塗装費用は他の塗料に比べて高いです。シリコンと比べると1.5倍~2倍という高価格になります。ですが、耐久年数が長く、環境が良ければシリコンの2倍の年数長持ちしますので長い目で見ればフッ素塗料の方が安上がりになることもあります。

 

 

 

 - リフォーム, 外壁塗装, 未分類 , , , , , ,