みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

外壁の劣化で起こるチョーキングとは?

      2017/10/31

外壁を触ったときに白い粉が手についてくる場合はチョーキングと呼ばれる外壁が劣化しているサインとなります。チョーキング現象が起こっていると外壁の機能が衰えている表れとなりますので塗り替えを検討しましょう。

 

外壁のチョーキングとは

外壁は毎日紫外線や熱、雨風にさらされています。このような過酷な状況にさらされている外壁の塗装面が劣化すると粉が吹いたような状態になります。これをチョーキングと呼びます。

チョーキングが起こった壁は塗装が劣化しているサインです。外壁の塗装の劣化は外壁の機能が著しく落ちていますので塗り替えが必要になってきます。

 

 

 

 - 未分類, 外壁塗装 , , , , ,