みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

サイディング外壁のメンテナンスとは?塗り替えとコーキングの打ち替え

      2017/05/30

近年の新築の家の70パーセント以上を占めるサイディング外壁。モルタルの外壁は劣化してきたら塗り替えが必要になりますが、サイディング外壁の場合はどのようなメンテナンスを行うのでしょうか?塗り壁ではないのでメンテナンスは不要、というわけではありません!サイディングの塗り替えとメンテナンスについてご紹介します。

サイディング壁はクリア塗料の塗り替えが必要!

サイディングボードには透明の塗料が塗られていることがほとんどです。このクリア塗料が毎日直射日光による紫外線や風雨から外壁を守っているのですが、時間が経つごとに劣化していきます。これが劣化すると防水効果が薄れたりサイディングボード自体が変形したり割れたりしてしまいます。

クリア塗料の塗膜の効果は7~10年ほど。新築してから7~10年ごとに塗装を行うようにしましょう。

 

サイディングのコーキング(目地)はこまめにメンテナンスする

窯業系サイディングボードは隣り合ったボードの間にコーキングしてあります。コーキングの目地は劣化すると割れや痩せが起こり、そこから雨水が侵入する原因となります。

コーキングの耐用年数は3~5年ほど。10年を経過すると割れなどの見た目にも劣化していることが明らかになってきます。最低でも10年に1度くらいはコーキングの打ち替えをすることをおすすめします。

 

外壁メンテナンスは家の内部を守るために必要

一見塗り替えが必要なさそうなサイディングの外壁ですが、塗り替え、目地の打ち替えなど10年に1度のペースでメンテナンスをすることをおすすめします。

外壁が劣化すると雨水の侵入や雨漏りによる内部の腐食にもつながりかねませんので、家を長く健康な状態に保つためにも外壁のメンテナンスは定期的に行うようにしましょう。

 

 

 

 - 未分類 , , , , , , , ,