みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

挽き板フローリングとは?

      2020/02/13

挽き板フローリングとは基材に1~3ミリ程の天然木を貼り合わせることで見た目は無垢の床材とほぼ変わらない風合いにできる床材です。
素人目には無垢材と違いが分からないくらいの床材が多いのが特徴です。

突板フローリングが表板が0.2~0.5ミリと薄いのに対し、挽き板は表板にある程度の厚みがありますので、多少何かをぶつけたり物を落としたりしても中の基材が見えることはありません。

また、無垢材に起こる反りなどの変形が起こりにくいというメリットもあります。

デメリットとしてはものによっては無垢材よりも高価なものがあるということ、表面は無垢なのでキズが付きやすいという点です。

 

 

 

 - 未分類, フローリング,