みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

フラット35はリフォームでも使える フラット35(リフォーム一体型)のメリット

      2020/02/10

長期固定のローンのフラット35は固定金利のローンで人気がありますが、よく知られているのは新築住宅の建築や住宅の購入、新築マンションの購入を目的としたローンであることです。
しかし、最近ではリフォームでもフラット35を利用することができるようになっています。

リフォームでは「フラット35(リフォーム一体型)」を利用することができる

フラット35はリフォーム工事ではフラット35(リフォーム一体型)を利用することにより、長期固定の住宅ローンを受けることができます。

フラット35(リフォーム一体型)を受けられる条件は

①住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅であること
②床面積が一戸建ての場合70㎡以上、共同住宅30㎡以上であること
③店舗付き住宅などの併用住宅の場合、住宅部分の床面積が非住宅部分(店舗。事務所など)の床面積以上であること
④申し込み時点において、竣工から2年を超えている住宅または既に人が住んだことのある住宅であること

となるので、条件をしっかりとチェックしておく必要があります。

中古住宅購入はフラット35リノベを利用できる

中古住宅を購入してリフォームする際にもフラット35を利用することができます。
その際、フラット35リノベとなります。

この場合も申込条件があり、定められた技術基準を満たすことと性能向上リフォームを行う事、中古住宅の維持保全に係る措置を行うことが定められています。

 

 

 - 未分類