みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

自然素材の家の魅力 無垢材のメリットとデメリット

      2017/10/30

今、自然素材の家が注目されています。漆喰や珪藻土など自然素材は住む人にとって優しいだけでなく、家全体の高級感も感じさせます。そんな自然素材の中でもこの記事では無垢材のメリットデメリットをご紹介します。

無垢材とは

無垢材に対して、フローリングでよく使われる材質として「集成材」というものがあります。集成材は薄く層状に接着して板を形成したものです。木材の節や割れの部分は取り除かれているため、均一で安定しているところが特徴です。

無垢材というのは丸太からそのまま切り出した木材です。そのままの木なので接着材などを使用していない点や天然の木の性質を持ったまま床材として機能します。

 

無垢材のメリット

無垢材には天然でしか味わえない色と風合いがあります。色むらや経年による色の変化も楽しめます。また、防虫性、耐久性にも優れ、調湿効果があり、1年中お部屋を快適にしてくれます。

また、無垢材の床にした人にしかわからない無垢材フローリングの上に寝転がったり、裸足で歩いたりしたときの気持ちよさ。温かみや程よい硬さに無垢材の床を体験した人は感動するようです。

 

無垢材のデメリット

無垢材のデメリットは集成材に比べて重いということ、そして時間が経つと反りや曲がり、割れなどの変形や色のバラつきが起こることがあるということです。また、大量生産できないため、集成材の床材に比べて高価であるということです。

 

 

 

 

 - リフォーム, 未分類, 自然素材 , , , ,