みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

犬と暮らすおうちの床材選び 滑らず清潔におしゃれに過ごせる床材とは

      2020/02/05

新しい家やリフォーム仕立てのおしゃれなフローリングで愛犬と共に新生活、と思っていたらワンちゃんがツルッ!なんてことも。
人間にとって快適な床が犬にとっては危険だったり身体に悪影響を与えることもありますので犬の足腰に優しい床材を選ぶことが愛犬との楽しい生活を送る上で大切なポイントです。
それだけでなく、お掃除のしやすさも大切な床材選びのポイントとなりますので、犬に優しく清潔に保て、且つ!希望道理のインテリアを実現できる床材を探してみましょう。

床材によっては犬が歩きにくかったり足腰に悪影響を与えたりする

現代では日本で買われている犬のうち、9割ほどが室内で飼われていると言われています。
中型犬、大型犬は足腰のk何節などに負担がかかりやすいため、床材には気を付けてあげなければなりません。小型犬ではミニチュアダックスフンドやウェルシュ・コーギーなどの犬種では足が短く胴が長い為注意が必要です。

ツルツルのフローリングで歩くとき、犬の足腰には余計な負担がかかってしまっています。特に高齢の犬は肉球が乾きやすく、負担がかかりやすい特徴があります。
その他、長毛種や足が短い犬種は気を付けてあげなければなりません。

フローリングはアンモニアに弱いので要注意

フローリングは水には強いですが、アンモニアには弱いの要注意です。きれいにふき取ったつもりでも残ったアンモニアが黒ずみの原因になってしまったり床を大きく傷める原因となります。
また、ワンちゃんがフローリングを掘ってフローリングの表面を剥がしてしまい、ボロボロにされることもあります。

犬がいる家におすすめの床材

ペット用フローリング

ワンちゃんがいる家ではペット用フローリングを敷くのが一番おすすめです。
滑りにくく、キズやアンモニアにも強く、さらには掃除もしやすいというメリットがあります。

色々なタイプがありますが、滑りにくさを良くチェックして選ぶようにしてください。

クッションフロア

塩ビでできたクッションフロアは水にもアンモニアににも強い素材です。汚れも拭き取れば簡単に掃除をすることができ、素材自体が安いので貼り換えも気軽にできます。
デメリットは安っぽい感じになりやすいことです。

タイル

タイルは水や汚れに強いだけでなく、耐久性と強度が高い為、長い年月に耐えることができます。
しかし、デメリットとして施工費用が高いことと重量が重いので最近の住宅ではなかなか取り入れられない素材でもあります。

タイルカーペット

タイルカーペットは何枚かのタイル状のカーペットを組み合わせて使います。
汚れたら1枚だけ取り換えることも可能ですし、1枚だけ洗濯することもできます。

部分敷きもできるので犬がいるエリアだけ敷くこともでき、子犬期だけ使用することもできます。

機能性を重視しつつ最適な素材を選んで

ワンちゃんと楽しく暮らすにはワンちゃんにも人間にも快適な空間が必須です。
特に足腰に優しい素材を選んであげる事が愛犬の心身にも良く影響しますので、最適な素材を選んであげましょう。

 

 

 - 未分類, フローリング,