みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

電気毛布の上手な使い方

      2020/01/07

冬場は夜に寒くて眠れない、なんてこともあると思います。寝つきが悪くなったり冷えで体調が悪くなることもあるのでなるべく暖かくして眠りたいものです。

そこで活躍するのが電気毛布です。電気毛布を布団に入れておけば寝ている間は暖房要らずで暖かく眠ることができます。

効果的な使い方は体の下に敷く

電気毛布は掛けるよりも敷いた方が効果があります。
熱は下から上に上がっていくので身体の下から温めた方が効率よく暖まることができるのです。

脱水症状や低温やけどが気になる場合は

電気毛布を一晩中付けていると低温やけどのおそれや身体が乾燥してしまう、または夜中に暑くて目が覚めたり汗で風邪をひいてしまう、なんてこともあるかもしれません。
その対策としては電気毛布を一晩中付けず寝る30分前に付けて布団を暖め、寝る時に消す方法があります。またはタイマー付きの電気毛布ならタイマーを付けておきましょう。

また、おすすめの対策として布団の全部に電気毛布を敷かず、半分くらいのエリアに引いておくと熱くなると勝手に自分で毛布のない場所で寝ていたりしますのでやってみると良いでしょう。

 

 

 - 未分類,