みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

風邪・インフルエンザ予防に紅茶が効果あり!症状抑制や紅茶うがいで予防も

      2019/11/25

季節の変わり目やインフルエンザが流行る季節は気を付けていないと風を引いてしまうことや体調を崩してしまうことがあります。

風邪の予防や症状の軽減に紅茶が効果があると言われています。
緑茶と同様にカテキンを含む紅茶には殺菌作用があり、風邪の症状に有効だと言われています。

いつものティータイムの紅茶を風邪予防に利用してみませんか?

紅茶の殺菌効果

紅茶にはカテキンやテアフラビンという赤い色素が含まれています。
これらはインフルエンザウィルスの増殖と活動を押さえてくれる効果があります。

成分がインフルエンザウィルスに付着することでウィルスが細胞に侵入することを防いでくれます。

カテキンは緑茶にも含まれますが、紅茶のカテキンは緑茶よりも発酵が進んでいる為、より殺菌作用があると言われています。

紅茶うがいをすることで風邪予防に効果あり

紅茶うがいは風邪予防や風邪の症状の抑制に効果があるとされていますので、風邪が流行る季節には積極的に行うと良いでしょう。

やり方は簡単です。紅茶を熱湯で抽出し、冷ましてからうがいをします。
温度が高い状態ですとやけどをしてしまいますので、必ず温度が下がったことを確認してkらうがいをするようにしてください。

紅茶はどんな茶葉でもよく、飲んだ後の2番煎でもかまいません。

 

 

 

 - 未分類