みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

薪ストーブと暖炉の違いとは!?

      2019/11/20

薪ストーブと暖炉はどこの家にもあるものではないので一緒のものと思われることがあります。

しかし、違いが色々あり、導入を考えている場合には知っておきたいポイントでもあります。

ここでは薪ストーブと暖炉の違いをご紹介したいと思います。

扉があるかないか

薪ストーブと暖炉の大きな違いは扉があるかないかです。

ストーブはガラス扉の中で薪を燃やしますが、暖炉は焚き火と同じように火をつけた薪から直に暖をとります。

暖められる範囲

イメージ的に暖炉の方が暖かいと思いがちですが、実はストーブの方が暖かく、家の広い範囲を暖めることができます。

暖炉は燃えている薪から直に暖を取る形で、暖炉で発生した熱はほとんど煙突から逃げてしまいます。

そのため、暖かいのは暖炉の周辺のみとなります。

対して、薪ストーブは扉を閉じてその中で薪を燃やしてストーブそのものを暖めます。温めたストーブの輻射熱で部屋の広い範囲を暖めてくれます。

薪のにおいと音

薪の燃えるにおいと音を感じたいなら断然暖炉です。

ストーブの場合は着火する際に燃えるにおいがしますが、煙やにおいは扉を閉めるのであまり感じることはありません。煙も煙突から排出されますので、不完全燃焼をさせない限りは部屋に煙が充満することはありません。

 

 

 - 未分類