みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

ペレットストーブの燃料の「ペレット」とはどんな燃料!?

   

ペレットストーブは木を砕いて乾燥させ、圧縮成形した木質ペレットを燃料として燃焼させるストーブです。

ここでは木質ペレットとはどのようなものなのか、詳しく解説します。

 

木質ペレットとは

木質ペレットは乾燥した木材を粉々にし、圧縮して直径6~8mm、長さ4~5㎝の円筒形に形成した燃料です。

原材料は間伐材や製材工場などから発生する樹皮、のこ屑、端材など、再生可能な資源を利用しています。

このような素材を取り扱いやすい形にしたのが木質ペレットです。

運搬しやすく、取り扱いも用意なのが特徴です。

木質ペレットには種類があり、燃え方も変わってきます。

・ホワイトペレット
樹皮を含まない木質部を主体としたペレット

・バークペレット
樹皮を主体としたペレット

・混合(前木)ペレット
樹皮付き丸太を原料とした「全木ペレット」と樹皮と木部を一定の割合で混合した「混合ペレット」の2種類

 

環境に優しいクリーンなエネルギーの材料

木質ペレットは間伐材などを使用しますので、森の再生を助けるのに役立ちます。

また、木質ペレットを燃やすときに発生する二酸化炭素は樹木が成長するときに吸収した二酸化炭素の分だけとなりますので、化石燃料のように大気中に二酸化炭素を増加させることはありません。

 

 

 - 未分類