みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

薪ストーブの煙突から火の粉が出る原因とは

      2019/10/29

薪ストーブを焚くと煙突から火の粉が舞っている、ストーブの焚きはじめに火の粉が煙突から散らつくことがある。
この場合の原因について解説します。

薪ストーブ

この原因は薪の表面が燃える時に出る火の粉であったり、薪が爆ぜたりした場合に火の粉で出ていることが原因です。

火の粉が出やすい木というのもありまして、杉などの柔らかい種類の針葉樹が良く乾いていると火の粉が出やすい傾向にあります。
ストーブの焚きはじめというのは焚き付け用に杉や檜を使用することが多いのでそれが火の粉になっている可能性が高いです。

その他、気を付けなければならないのが、ストーブ本体部分の掃除です。
ストーブ本体に煤が落ちていて煙突から火の粉になっていて散っている可能性があります。

煙突掃除はしっかりやっていても、ストーブ本体の掃除がおろそかになっているといけませんのでストーブ本体の手入れも忘れずにしてください。

また、煙突の近くの樋に落ち葉などが溜まっていると非常に危険ですのでこまめに掃除をするようにしてください。

 

 

 

 

 - 未分類