みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

梅雨時の除湿方法と湿気対策

   

梅雨時のジメジメの季節は洗濯物が溜まったりして嫌な季節ですよね。湿度が高いと結露したりして日の当たらない部屋はビショビショなんてことも。湿気はカビや害虫発生の原因となりますのでお部屋の除湿をすることをおすすめします。ここでは梅雨の嫌な時期の除湿対策をご紹介します。

除湿対策の基本は換気

除湿対策は基本的にこまめに換気を行う事です。晴れた日は窓を開けて空気を入れ替えましょう。窓は1つだけでなく角度の違う複数の窓を開けることで風通しが良くなります。

雨が続いて換気が出来ない時は扇風機を回したり、除湿器をかけて部屋に風を起こしたり除湿をしましょう。

 

押し入れや靴箱を定期的に開放する

押し入れや下駄箱、クローゼットは湿気の貯まりやすい場所。脱いだ靴や服には汗や湿気をたっぷり含んでいますし、布団は一晩分の汗を吸収しています。締め切ったままだとカビの温床になるので、時々扉を開けて中の湿気を追い出しましょう。

 

湿気を吸収する壁も存在する

もし、リフォームを検討中なら壁を珪藻土壁にするという手もあります。珪藻土は湿度が高い時には湿気を吸収し、乾燥しているときには湿気を放出する機能が自然に備わった自然素材の壁材です。お値段は普通の壁紙に比べて高いのですが、室内環境を整える機能性や仕上がりの高級感では元を取ることが十分可能です。

次のリフォーム時や新築を計画する際には検討してみるのもいいですね。

 

 - 未分類 , , ,