みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

耐震対策で軽量の屋根に変更するメリット

      2019/08/12

屋根を耐震工事する場合、日本側らのような屋根材をガルバリウム鋼板のような金属屋根に変更する方法がありますが、屋根を軽量化することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは屋根を軽量化することで得られる耐震性のメリットをご紹介します。

屋根が重いことで起こる耐震性への弊害

屋根を耐震工事する際は屋根自体を軽くすることが一般的です。

建物は柱で建物を支えていますので地震の揺れで負荷がかかった時に建物が重いと柱への負担が大きくなってしまいます。

さらに揺れたときに建物が重いと揺れが大きくなります。

強度が高く軽い屋根に交換するメリット

屋根を軽くすることで基礎や柱への負担を軽くすることができます。

さらに、瓦などの屋根が落下した際に割れて足元を怪我したりしてしまいます。軽量の金属屋根は落下時の被害を抑えることが可能です。

軽量の屋根材とは

軽量の屋根材の代表格はガルバリウム鋼板製のもので軽量である上に強度があるのが特徴です。

また、近年では防災瓦という落下しにくく安全性の高い瓦も登場していますので瓦屋根の外観にこだわりたい場合はおすすめです。

 

 

 - 未分類, 屋根, リフォーム