みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

網入ガラス窓のメリットとデメリット

   

網入ガラスとはガラス窓の中に格子状にワイヤーが入っている窓のことです。ここでは網入ガラスのメリットとデメリットをご紹介します。

 

網入ガラスは防犯よりも防火対策のために活用します。ですので、防火地域や準防火地域では網入ガラスが義務付けられており、勝手にガラスを変えることはできませんので該当地域の場合は注意してください。

 

網入ガラスのメリット

網入ガラスは火災時にほかの窓に比べて延焼を防ぐことができます。ガラスは火災時に割れ、飛散したガラスから炎が広がってしあいます。網入ガラスもガラスは割れてしまうのですが、ワイヤーが入っているのでガラスの飛散を防ぎ、炎が広がるのを防げます。

 

網入ガラスのデメリット

網入ガラスのデメリットは熱に弱いことです。ただ、熱湯をかけても割れることはありません。割れる心配があるのが直射日光に当たり続ける場合です。長時間日光に当たってガラスの表面温度が上がる部分、陰になっていて温度がそれほど上がらない部分と1枚のガラスの中で温度差が出ることがあります。こうなった時に日々が入る「熱割れ」が起こることがあります。同様にストーブの熱が直接当たる場合も要注意です。

 

防犯性は普通の窓とあまり変わりがない

網が入っているので防犯用のガラスだと思っている人もいますが、実は防犯性はほかの窓とあまり変わりません。中に入っているワイヤーも細いものでペンチで簡単に切れてしまいますので、網入ガラスは防犯用ではないということを知っておきましょう。

 

 

 

 - 未分類, 外壁塗装