みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

マイホームを現金一括で購入するメリットとデメリット

   

マイホーム購入の場合は多くの人が住宅ローンを利用します。住宅リーンを利用した場合、収入に合わせたペースで支払いをしながらマイホームに住むことができ、早い段階でマイホームを手にすることができます。しかし、金利がかかる分、物件価格よりも多くお金を支払わなければなりません。そこで、住宅を一括購入した場合、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

マイホームを現金一括で購入するメリット

マイホームを一括購入するメリットは住宅ローンにかかる金利、手数料等が不要となることです。低金利時代とはいえ、住宅ローンとなるとかなりの金額の金利がかかりますので、それが無くなるのは大きなメリットです。さらに、ローンを利用しないため、保証会社への保証料、団体信用生命保険料も不要となります。

ローンの審査が下りにくい職業の人にとっても一括購入であれば審査などは関係なくなります。また、ローンの支払い中に急病などで支払いが難しくなるという心配もなくなります。

 

マイホームを現金一括で購入するデメリット

住宅ローンをしている人に適用される住宅ローン控除は一括購入の場合は受けるk事故とができません。しかし、一括購入の場合は投資型減税を利用できるケースもあります。

また、マイホームを一括購入したからといって、固定資産税などのお金が毎年かかりますので貯金を全部はたいて住宅を購入しない方が良いでしょう。リフォーム代など維持費も積み立てておく必要がありますので、ギリギリの金額で購入するのは危険です。

その他、税務署から「お尋ね」という書類が届き、税務調査が入ることもありますので知っておきましょう。マイホームを購入した人は法務局を介して税務署が知ることになります。その際、住宅の購入資金が「贈与」されたものかどうかを確認し、贈与が認められた場合は贈与税が課されます。しかし普通にきちんとしていれば税務署から書類が来てもその通りに回答するだけなので特に問題ありません。

 

 

 

 - 未分類