みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

梅雨時の畳の掃除どうする!?カビが生えないようにするには!?

      2019/05/12

梅雨時の畳のトラブルと言えばカビの発生です。もともとカビが生えにくい床材として日本で昔から利用されてきた畳ですが、条件によってはカビが生えてしまうこともあります。そこで、カビの発生しやすい梅雨時の日頃の手入れの方法をご紹介します。

畳は日本の気候にあった自然素材

畳は空気中のホコリを吸着し、湿気を吸収する機能がある日本古来より使用されている自然素材の床材です。特に夏のジメジメした気候には畳は非常に合っています。しかし、湿度を過度に吸収した状態のままでいると畳にもカビが生えてしまいます。昔の家は風通しが良く自然と畳内の湿度を放出することができましたが、気密性の高い現代の家では畳が吸い取った湿度を放出できないままになってしまうことがあります。

梅雨時期の畳のお手入れ方法

畳のカビの発生する条件として最も多いのが閉め切った部屋が高温多湿になった場合です。ですので、晴れた日には窓を開けて換気をすることでかなりカビの防止をすることができます。窓を開けられない場合は扇風機を回して空気を循環させましょう。

そして時々で結構ですので固く絞った雑巾で表面を拭き、さらに乾拭きをしてから扇風機で乾かします。このようにして畳についた皮脂汚れなどを軽く落としてあげるとより良いです。

 

 

 

 

 - 未分類, ,