みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

外壁にコケが生える原因

   

外壁にコケが生えてきて汚れて見えて困っている、ということはないでしょうか。外壁は常に外の環境にさらされています。苔の生えやすい原因の場所では外壁に苔がついて汚れて見えてしまいます。ここでは外壁に苔が生える原因をご紹介します。

日当たりのない面と風通しの悪い場所に苔は生えやすい

外壁は直射日光が当たる面と当たりにくい面があります。特に隣家と隣接している面は光が当たりにくく、風通しも悪くなります。

そうなるとどうしても湿気が溜まりやすく、苔が生えやすくなってしまいます。

 

外壁のデザインによって苔が生えやすくなる

苔は水分がたまりやすい場所に生えるので、なるべく水はけがよい壁が良いのですが、サイディングのデザインなどによっては凸凹のデザインに水が溜まりやすい場合があります。そうなると湿気が解消されない状態が長くなりますので苔が生えやすくなります。

さらに、明るい色の外壁ほど苔が目立ちやすくなります。暗い色の外壁にしておけば多少苔が生えても分かりづらく景観を損ねません。

 

家の立地によって苔が生えやすい環境に

家の立地により、湿度が高い地域では苔が外壁につきやすくなります。

例えば河や池の近く、用水路が近くを通っているなどです。そのほか、畑や山があると湿度が高く、苔が生えやすくなります。

 

高圧洗浄機で苔は取り除くことができます

外壁に苔が生えたら高圧洗浄機で苔を取り除くことができます。ひどくならないうちにこまめに取り除くようにしましょう。

ただ、高い場所は非常に危険ですので、なるべくなら業者にメンテナンスがてら苔の掃除をしてもらった方が良いです。

 

 

 

 - 未分類, 外壁塗装