みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

工務店とハウスメーカーの違いとは

      2019/03/31

注文住宅の依頼先は大きく分けると工務店とハウスメーカーの2つがあります。工務店もハウスメーカーもお客様の要望から間取りや設備をはじめとした設計プランを立てて家を建てていくという順序は同じです。では工務店とハウスメーカーの違いは何でしょうか。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーは全国展開で支店を持ち、住宅展示場やモデルハウスを展示して営業していることが多い大規模な建築メーカーです。

ハウスメーカーの設計プラン

ハウスメーカーと工務店の違いは洋服で言えばハウスメーカーがイージーオーダー、工務店がフルオーダーと考えるとイメージが沸きやすいです。ハウスメーカーが持っている間取りのパターンや内装材の中から選び、家を作っていきます。もちろん、ハウスメーカーでも「自由設計型」と呼ばれる自由に間取りを決めて設計する方法があります。自由設計型でも、ハウスメーカーの場合は会社が持っているいくつかのパターンの中から選ぶ方式が多く、家づくりの自由度は工務店に比べて狭まると考えてよいでしょう。

施工のクオリティ

施工のクオリティは工務店に比べて均一化されていておなじメーカーであればどの支店にお願いしても同じ精度の仕上がりになります。

ハウスメーカーの工期

ハウスメーカーの場合、工事の流れが画一化されていることもあり、工務店が4~6か月の工期に比べて4ヵ月程度ど短く済みます。

ハウスメーカーのアフターメンテナンス

ハウスメーカーの場合、メンテナンスや保証などはきっちり会社の制度に基づいて行われます。担当者が変わった場合もきちんと引き継ぎが行われ担当に依らず同じように対応してくれます。

 

工務店とは

工務店は全国規模のハウスメーカーに比べて小規模な会社が多く、地域密着型の会社であることが多いです。ハウスメーカーに比べて営業範囲を絞っているのも特徴で、施工地域を限定している会社も多く、施工地域外からお願いする場合は交渉が必要です。

工務店の場合は様々なものをウリにして営業を行っていることも多く、自然素材が得意な工務店、漆喰や珪藻土壁など塗り壁を美しく施工できる左官屋さんがメインの工務店など、それぞれ特色を出しているのが特徴です。

工務店の設計プラン

工務店の家づくりは施主の希望に合わせてデザインや間取りを一から作り上げていきます。ほかにはないこだわりや床材に無垢材のような自然素材を取り入れる事など要望が叶いやすいのが工務店です。希望を伝えながらプランを作っていくので一緒に家を創っていくイメージです。

工務店のクオリティ

工務店は職人さんの腕や工務店自体の得意な分野がありますので、品質はまちまちになります。希望の家があったらその分野を多く施工しているその分野が得意な工務店を選ぶのがポイントです。

工務店のアフターメンテナンス

工務店のアフターメンテナンスは手厚くしてくれるところが多いですが、その度合いは会社によって異なります。相談・見積もりの際に長く付き合えそうな担当者と会社であるかを見極めることが工事後も長くサポートしてもらえるポイントとなります。

 

 

 - 未分類