みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

リノリウムとは!?リノリウム床材のメリットとデメリット

      2019/03/23

リノリウムの床は天然素材であることからシックハウス症候群の防止にもなるということで人気の床材です。そもそもリノリウムとはどんな床材なのでしょうか。

 

リノリウムとは

リノリウムは建材の一種で主に床材に使用されます。

見た目はビニールフロアに似ていますが、亜麻仁油、石灰岩、木粉、コルク粉、天然色素など天然の成分で作られています。

天然素材でキズや汚れに強く、お手入れも簡単なので、保育園や幼稚園の床材によく採用されます。

 

リノリウムのメリット

・天然素材である
・亜麻仁油による抗菌作用
・燃えにくい
・静電気が発生しにくい
・お手入れが簡単

リノリウムのメリットは天然素材であるためにシックハウス症候群の心配がないということです。さらに、亜麻仁油は抗菌作用があり、特に黄色ブドウ球菌に抵抗があると言われていますので床を清潔な状態にしやすいというメリットがあります。

さらに、傷がつきにくく、耐久性にも優れているのでお手入れも簡単です。静電気が発生しにくい素材のため、ホコリが床に積もりにくくなります。

リノリウムのデメリット

・独特のにおいがある
・アルカリ性のワックスは使えない

リノリウムのデメリットは施工当初に亜麻仁油の独特のにおいがあるので、このにおいが苦手な人には向いていません。匂い自体は年月が経つにつれてなくなっていきます。

さらにワックスは中性のものを使用します。アルカリ性のワックスは変形の原因となるので使用できません。

 

 

 - 未分類, 自然素材, リフォーム