みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

レンガの家のメリットとデメリット

      2019/03/05

洋風で重厚なレンガの家。憧れはありますが、どのよう特徴があるのでしょうか。ここではレンガの家のメリットとデメリットをご紹介します。

レンガの家は昔は建築許可が下りないことがあった

レンガ造りの家は耐震性の問題があり、建築基準法の基準を満たせないことがあり、建築許可が下りない時代がありましたが、最近ではレンガに穴をあけて鉄筋を基礎から通して強度をクリアするようになっています。

 

レンガ造りの家のメリット

・外壁関連の定期メンテナンスが不要になる
・耐熱・蓄熱性能があり、夏は涼しく、冬はあたたか

レンガ造りの家は寿命が長く、古い家を愛する欧米に適した耐久性の高い家が特徴です。寿命が長いだけでなく、家の定期メンテナンスとなる外壁塗装などのケアが不要です。古くなればそれはそれで味が出てくるので、メンテナンスせずに経年の変化を楽しんでいくことができます。

レンガは倉庫でも使用される通り、中の温度が外に逃げづらい特徴を持っています。断熱性が高いため、夏はひんやりと涼しく、冬は暖かい家で過ごすことができます。

 

レンガ造りのデメリット

・リフォームがしづらい
・場合によっては夏は暑く、冬が寒い

レンガ造りの家のデメリットは外壁がレンガ積みになっているので、特に壁面のリフォームはかなり大掛かりになります。

また、メリットである断熱性の高さが仇となって逆効果となる場合もあります。夏に熱がこもるとなかなか温度が下がらず、ずっと暑い、というようなデメリットもあります。

 

 

 

 

 

 - 未分類