みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

ZEH住宅(ゼッチ)住宅とは!?省エネを超えた住まいの特徴と必須の設備

   

ZEH(ゼッチ)住宅とは、「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅」の略称で、経済産業省によれば「年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した住宅」と定義されており、太陽光発電を利用して自宅でつくるエネルギーの量が、使用するエネルギー量と同等かそれ以上を目指してつくられた住まいのことです。

 

ZEH住宅のメリット

・光熱費がかからない家になる
・まさかの時の自家発電が可能

ZEH住宅のメリットはエネルギーの量と使用するエネルギーの量が同等を目指していますので、光熱費がかからない家になるということです。クリーンなエネルギーを作り出し、それを使うので環境にも優しメリットがあります。

さらに、自宅で必要なエネルギーを発電することができるので、地震などで停電の時にも自家発電が可能になります。

 

ZEH住宅のデメリット

・初期費用が高い

ZEH住宅のデメリットはどうしても初期費用が高くなることです。発電設備や太陽光パネルの設置で一般住宅よりも割高な住宅となってしまいます。

 

ZEH住宅で必要な設備

エネルギーの収支をゼロとすることを目指すためには以下の要素が必要になります。

・創エネ
・省エネ
・断熱

 

創エネシステム

・太陽光発電システム
・パワーコンディショナー

太陽光パネルを屋根に設置してえねつぎーを作り出し、パワーコンディショナーを使って発電したエネルギーを電力に変換します。余ったエネルギーは売電することも可能です。

「エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まい」にするためには、〈創エネ〉〈省エネ〉〈断熱〉の設備を整える必要があります。

省エネシステム

・省エネ給湯器
・空調

省エネ給湯器や省エネタイプの家電などを使用し、エネルギーを効率的に活用できる製品を採用します。

断熱

外気温が家の中に影響しないように断熱性の高い壁や床、サッシやドアを採用して室内の気密性を高めて外の気温が屋内に影響しないように、屋内の温度が逃げないようにします。

 

 

 

 - 未分類, リフォーム