みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

性能とデザインに優れた外壁材、窯業系サイディングの特徴

      2017/04/21

近年、戸建て住宅でよく用いられている外壁材が窯業系サイディングです。窯業系サイディングの特徴はデザイン性と価格帯の幅の広さ。予算に合わせておしゃれな外壁を実現できるところが魅力です。

窯業系サイディングとは

窯業系サイディングは主にセメントを主原料としたボード上の外壁材です。外壁自体は工場で生産され、現場で組み立てます。

 

窯業系サイディングの特徴

窯業系サイディングは密度が高く硬質なため、耐震性、耐火性、遮音性に優れているのが特徴です。デザインのバリエーションも多く、価格の幅も広いため、予算に合わせて外壁を選ぶことができます。窯業系サイディングは工場生産の外壁ですので、施工がしやすく、仕上がりも一定。現場でボードを組み立てる方式なので工期も短縮できます。

 

デザインのバリエーションの豊富さ

レンガ調やタイル調、または塗り壁調、石積調など、さまざまなデザインから外壁を選ぶことが出来ます。デザインが豊富なのでイメージにあった家づくりが可能です。

 

機能性に優れた製品が登場している

近年登場してる窯業系サイディング外壁は各メーカーから機能性にも優れた製品が発売されています。汚れにくい素材や、雨で汚れを落としてくれるセルフクリーニング効果、紫外線による日焼けなどの影響を防ぐ製品など、機能面にもすぐれた製品が多数登場しています。自宅の外壁の環境に合わせて機能を選ぶことで外壁の耐久性をこれまでよりも長く保つことができます。

 

 

 

 - 未分類 , , , , , , ,