みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

外壁塗装の色選び 色の効果

      2017/04/17

外壁の色選びは家の印象を左右するだけに、住む人にとっても楽しい工程です。一方で外壁の色で失敗する例も少なくないのが色選びです。そこで、外壁の色の効果についてご紹介します。

白・ベージュの外壁

外壁の色で最もポピュラーな白系・ベージュ系の外壁は膨張色であることから家を大きく見せる効果があります。そして、白系はサッシの色を選ばないオールマイティなカラーです。

ところが白系の外壁は失敗が多い色でもあります。たとえば、ベージュにしたのに真っ白に見える、または黄味が強く見えるなどの「思っていた色と違う」という失敗です。サンプルの大きさは小さいので実際の色よりも濃く見え、外壁は広い面積なので実際の色よりも薄く見える傾向があります。サンプルで「少し濃いな」と思う色を選ぶのがポイントです。

 

グレー系の外壁

サイディングでも多いのがグレー系の外壁です。モダンで現代的な雰囲気になる「今っぽさ」を感じるカラーの外壁に仕上がります。

このグレー系も薄いグレーだと白にしか見えない、ということもありますので、濃いめのグレーを選んだり、サッシの色をアクセントにすると良いでしょう。

 

ブルー系の外壁

ブルー系は大きく分けて水色系とネイビー系があります。水色系のブルーの外壁は外国の家のような雰囲気になります。白と上手に組み合わせると海外の邸宅のようなイメージになります。この水色はやはり、薄すぎると白い壁に見えてしまうことがありますので、色は「気持ち濃いめ」を選ぶと良いでしょう。

ネイビー(紺)の外壁はモダンで知性的な今トレンドのカラーです。近代的でクールな印象になります。

ネイビーの注意点は黒に見えてしまうことがある、ネイビー一色では印象として強すぎるという部分です。ネイビーを和らげるには茶色とのツートンカラーにすると良いでしょう。

 

 

 - 未分類 , , , , , ,