みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

フローリング材の「集成材」とは!?無垢材との違い、メリットとデメリット

   

家の内装材で「集成材」という言葉を聞いたことがあるけど、集成材って何!?フローリングにするメリットは?無垢材とどう違うの?など集成材についてご紹介します。

集成材とは

集成材とは小さく切った木材を接着剤で組み合わせて1枚の板のようにした人工の木材です。よく見かけるフローリングはこの集成材であることが多く、住宅メーカーや工務店などでもよく採用されている床材です。反対に無垢材というのは木を乾燥させ、そのまま切り出した天然の木材です。

集成材のメリット

・品質が安定している
・コストが安い

集成材のメリットは木を細かくして接着しているので形は均一です。木材は根元から枝の方まで同じ強度や柔らかさを持っているわけではありません。また、木材によっては芯の部分と表皮に近い部分で色が変わるものもあります。集成材ではそのようなムラがありませんので、バラツキというものがありません。また、木は乾燥してくると反りや割れが発生しますが、集成材の場合、細かく切った木を乾燥させているので反りや割れというものが起こりにくいのもメリットです。

無垢材は1本の木から床材として使える部分を切り出して使いますが、集成材の場合はさまざまな木を接着して1枚の板を作り出しますのでコストも安く済みます。大きさも均一で施工が簡単になるような形状になっていますので施工費用も無垢材に比べて安く済みます。

 

集成材のデメリット

・無垢材に比べて耐用年数が短い
・アレルギーが起こることがまれにある

実は集成材が劣化するのは接着剤が劣化することによるものです。接着剤は天然のものではないので木材よりも劣化が早く、接着剤の劣化により集成材が寿命を迎えることになります。比べて無垢材は100%木なので、耐用年数は長くなります。

集成材の接着剤からホルムアルデヒドが発生し、シックハウス症候群が起こる可能性はゼロではありませんが、最近では規制が進んでおり、あまり気にすることはないでしょう。

 

 

 

 - 未分類, フローリング,