みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

真冬の水道管凍結対策 水道管破裂を防止する方法

      2019/01/07

大寒波が到来すると水道管が凍結する恐れが出ます。水道管が凍結すると水が出なくて不便な思いをするだけでなく、最悪水道管が破裂してしまいます。そこで、寒い日の夜には特にやっておきたい水道管凍結対策をご紹介します。

 

夜間の水道のチョロチョロ出し

水道管に凍結防止帯が付いていない場合は水道の凍結が起こる可能性がありますので、気温が0度を下回る日は夜間の間は水道を細く出しておきます。

水は流れていれば凍りませんので水を細く出しっぱなしにすることで対策します。出す水の量は細く流れるくらい。ポタポタくらいではツララになってしまいますので、細い線ができるように流します。

 

使っていない水道や給湯器は水抜きしておく

水道管の凍結による破裂は使っていない給湯器や水道管がほとんどです。水が中を流れていないので凍ってしまい、水が凍りになることで膨張して破裂してしまうのです。

使っていない給湯器はあらかじめ水抜きをしておきます。

もし、賃貸アパートなどを貸していて空き家になっている部屋があったらその部屋の給湯器も水抜きをしておいた方が良いです。

 

 

 

 

 - 未分類,