みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

土地探しのポイント!「北側道路」とは!?メリットとデメリットを解説

   

土地を探して新築を建てる場合、まずは土地探しから始まります。
その中で土地の条件として「南側道路の土地」「北側道路の土地」などといった言葉を聞くと思います。ここでは北側道路の土地のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

土地の北側に道路が面しているのが「北側道路の土地」です。対して土地の南側に道路が面しているのが「南側道路の土地」です。

道路の位置によって間取りの取り方が変わってきますのでどちら側の道路かはかなり重要なポイントです。

北側道路のメリット

・土地価格が安い
・南向きの部屋を作りやすい
・庭が落ち着いたシックなイメージになる

北側道路は土地価格が南側道路に対してかなり安くなります。100万円単位の話になりますので予算内で理想にあった土地が手に入りやすくなります。

また、南側が道路に面していないので道路と反対側の南側にリビングや庭を設置することができます。

北側道路のデメリット

・1階が南側であっても暗くなりやすい
・間取りの難易度が高くなる
・カースペースの配置が難しくなる

北側道路の場合は住宅街では南側が前の家の影となってしまい、1階が暗くなります。ただ、家の南側にどの家も建っていない場合は影響がありません。

家の中が暗くなってしまいがちなので、間取りの難易度が高い家になりやすくなります。その影響でカーポートの配置場所に悩むこともあるでしょう。

ただし、北側道路でもリビングを2階にしたり吹き抜けや天井窓で明かり取りをするなど、間取りの工夫次第で明るい家にすることもできます。建売住宅でも難しいかもしれませんが、注文住宅であれば自由度が効くので北側道路のデメリットをかなりカバーすることができるでしょう。

 

 

 

 - 未分類