みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

和室の天井板の素材は何にすればいい!?杉以外でもいいの?

      2018/11/17

和室の天井板、施工方法以外にも木材の種類によっても大きく雰囲気が異なります。和室の天井板の素材は何にすればいいのかをご紹介します。

 

天井板は杉が一般的

無垢材の天井板は杉を使うのが一般的です。杉も部位によって木目の模様が違い、価格も変わってきます。

中杢 木の中心部分からしかとれないまっすぐな木目の部分。節もなくすっきりとした美しい板目で高級。
中板目・板目 木の中心部分より少し外側から採れる部分。木目は中杢よりも広がり、木目の模様が楽しめる。一般的に一番使われる天井板
総杢 木目が全体に細かく波打つように広がったもので、すべての木から採れるわけではないので希少。
耳白 辺木の両端が白く、中心が赤いのが特徴。細い木からも採れるので安価。

 

最近ではパインやヒノキ、合板も

天井板は杉が一般的ですが、好みによってパインやヒノキなどの他の針葉樹、時には広葉樹も使用されます。

無垢材のほか、合板を使って費用を安く抑えることもできますので、和室全体の雰囲気をイメージしながら決めていくと良いでしょう。

 

 

 - 未分類