みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

お風呂の床が冷たい、寒いはリフォームで解決できる

      2018/10/29

お風呂の床がひんやり冷たい、お風呂が寒いという悩みはリフォームで簡単に解決できます。断熱素材の床材に変更することで寒いお風呂がぽかぽか温かいお風呂に大変身します。

在来工法の浴室ならユニットバスに変更するだけで温かいお風呂に変身できる

寒い浴室のほとんどが在来工法の浴室であることが多いのでユニットバスにリフォームすることでお風呂の寒さは解決できます。ユニットバスは工場で作った浴室を自宅で組み立てる方式の浴室で、断熱効果のある床材や壁材を採用していることが多く、ユニットバス本体気密性が高い上に保湿性やお掃除のしやすさなど、機能性に優れた商品が開発されています。

 

床材だけを交換するなら断熱性の高いタイルに変更

床材だけであれば断熱性の高いタイルに変更することも可能です。ただし、この方法には注意点があります。床材を変えただけでは浴室そのものの寒さには変わりがないということです。床材のみの変更の場合は「浴室の寒さは感じないが、床だけが冷たくて不快」な場合のみとなります。

 

 

 

 

 - 未分類, 浴室