みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

二世帯住宅は部分同居タイプ?完全分離タイプ?メリットとデメリット

   

二世帯住宅と一口に言ってもさまざまな同居の仕方、分離の仕方があります。ここでは部分同居タイプと完全分離タイプのメリットとデメリットをご紹介します。

部分同居タイプ

部分同居タイプは水回りの設備を共用できるようにしている二世帯住宅です。食事は2世帯一緒にする場合はこのタイプになり、キッチンなどの高額設備が共用となるため、完全分離タイプよりも設備にかかる費用が安くなります。

親世代の生活サイクルでは夜中にキッチンが使えないなど、お互いの生活リズムを合わせる必要がありますが、2階にミニキッチンを設置することなどして簡単な炊事は分けることも可能です。

 

完全分離タイプ

完全分離タイプは玄関も別々、中でも繋がっていないタイプの2世帯住宅です。家が2軒あるのと同じなので水回りの設備はそれぞれ必要になり、設備にかかる費用が高くなります。

プライバシーは完全に守れますし、片方で飼っているペットをもう片方の家には上がらせないなど、生活を区別することができますが、間取りによっては住みづらくなりますので間取りのプランをよくシミュレーションするようにしましょう。

 

 

 

 - 未分類, リフォーム