みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

カーポートの門扉のタイプはどれにする!?跳ね上げ式門扉のメリットとデメリット

      2018/09/24

カーポートの門扉にはいくつか種類がありますが、ここでは跳ね上げ式門扉のメリットとデメリットをご紹介します。

跳ね上げ式門扉は最近人気のタイプです。開閉は門扉全体が上に上がることでダイナミックな開閉になるほか、おしゃれなデザインのものが多く、エクステリアや玄関ポーチのデザインを損なわないカーポートを実現できることが魅力です。

開閉は手で押し上げて開閉するタイプと電動式に開閉するタイプがあります。

跳ね上が式門扉のメリット

・開いた時の格納スペースが不要
・電動ロックで不審者の侵入を防ぐ
・さまざまなおしゃれなデザインがあり、家の外観を損なわない

跳ね上げ式門扉は上に門が上がるタイプなので開いた時に格納するスペースやレールなども不要です。また、電動式で自動ロックがかかったり、下に障害物があると開閉を止めるセンサー機能など機能面で優れている商品がかなり出ています。

また、何といってもスッキリとしたデザインになり、ウッド風のナチュラルな門扉からすりガラスまでさまざまなモダンなデザインがあります。家の外観を損ねることなくカーポートもおしゃれに演出できます。

 

跳ね上げ式門扉のデメリット

・車高に注意。設置後は跳ね上げる高さの変更ができない
・上に障害物がある場合は注意
・商品によっては開閉時に敷地の外に門扉が飛び出す場合も

 

跳ね上げ式門扉のデメリットは設置後には跳ね上げる高さの変更ができないため、車高の高い車を急遽駐車することになったときや車を買い替えたときに車が入らない可能性が出てきます。将来購入する予定の車種がある場合は車高のことを考えて門扉を設置する必要があります。

また、上に屋根を付けているカーポートや近くに植栽や木を植えている場合は障害物となることもあるので注意が必要です。

商品によっては開閉時に敷地の外に門扉がはみ出す場合があります。開閉中に通行人や車が通ると危険ですので設置位置などに注意が必要です。

 

 

 

 - 未分類, リフォーム, エクステリア