みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

冬場は畳の結露に注意!畳の結露対策

   

畳の結露は木造住宅よりも鉄筋コンクリートの住宅やマンションに起こりやすい現象です。というのも、鉄筋コンクリートの住宅は木造住宅に比べて気密性が高いため、湿気が溜まりやすいのです。

冬場は窓に結露が起こりやすいほか、空気が乾燥しやすいので加湿器をかける家庭も少なくありません。

畳は吸湿機能がありますので室内の湿気をどんどん吸い取ってしまいます。畳の中で水分が行き場をなくすと最悪、畳が腐ってしまったり、害虫の被害にも遭いやすくなります。

 

このような畳の結露を防ぐには

①定期的な換気
②窓の結露対策

が有効です。

 

畳がは吸湿機能がありますので乾燥していれば畳が持っている湿度を吐き出して室内の湿度を調節してくれます。畳の結露は畳が湿度を吸いすぎて行き場を失っている状態ですので、換気をして湿度を吐き出させてあげれば大丈夫です。窓を開けられなかったり、空気がこもりやすい部屋であれば除湿器をかけるか扇風機を回して空気を循環させます。

 

また、窓の結露対策を行って、畳の結露が起こりにくい環境にすることも大切です。

二重サッシに変える、窓に結露防止フィルムを貼る、結露したらこまめにふき取るなど結露対策を行います。

 

 

 

 - 未分類, , 自然素材