みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

無垢材の床に醤油やコーヒーをこぼしてしまったらどうなる!?無垢の床に醤油をこぼしたときの対処法

      2018/08/28

無垢材の床の欠点は汚れが染みこみやすいことです。合板の床に比べて材料も高いためあまり汚したくないですよね。汚れが心配で無垢の床へのリフォームをあきらめている方もいらっしゃるかもしれません。ここでは無垢の床に染みになりやすい液体をこぼしてしまったときの対処法をご紹介します。

 

コーティングしてあればシミにはなりにくい

無垢の床でも塗装を施したり、蜜蝋ワックスを塗ったりする場合と何も塗らない無塗装の場合があります。塗装やワックスはそれなりに艶がでますので、お好みで無塗装のままにされる方もいらっしゃいます。それは好みなのですが、お醤油をこぼしてしまった場合は、塗装してあればすぐにふき取ればほぼ問題ありません。

蜜蝋ワックスも同様で、すぐにふき取ればそこまで染みにならずに済みます。

問題は無塗装の無垢材です。こぼした瞬間しっかりとしみこんでしまいます。

 

醤油やコーヒーをこぼしたらとにかく早く拭く

これは無塗装の無垢材でも塗装された無垢材でも同じことですが、液体をこぼしてしまったらすぐにふき取ってください。あんまりゴシゴシするとかえって汚れが広がってしまうので要注意。

堅く絞った雑巾で汚れを雑巾に移し取るようにふき取ります。

 

シミが気になるならメラミンスポンジで軽く研磨する

それでもシミが気になるようなら表面を軽く削ります。サンドペーパーを使用する方法もありますが、メラミンスポンジでごく薄く研磨すれば十分です。

メラミンスポンジは100円ショップに売っていますのでメラミンスポンジに水を含ませて軽くこすってください。乾いたら上からワックスを塗って保護してください。

 

 

 - 未分類, フローリング, 自然素材,