みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

「珪藻土って何!?」という方へ。珪藻の図鑑が新発売されました

      2018/08/06

珪藻土を使ったリフォームや珪藻土グッズが話題ですが、珪藻土の壁などを採用する前に「珪藻土ってそもそも何!?」という方も多いと思います。そんな方やすでに珪藻土を壁材に採用されている方におすすめの本が発売されました。その名も『珪藻観察図鑑』。珪藻土の元の姿である珪藻の写真がたっぷりと掲載された本です。

珪藻とは、”ガラスでできた体”を持ち、光合成を行って生きる微生物(藻類)。淡水から海水まで広く分布し、世界中に5万~10万種が生育すると言われています。顕微鏡を使えばだれでも簡単に観察することができることから、理科の授業でもおなじみです。また、教育や生物学のみならず、水質調査などの環境学、化石調査(ガラス質が微化石として残る)などの地質学、珪藻土などでの土壌学などの幅広い分野で重要な役割を担う生物です。

珪藻が珪藻土になる前の生きている姿がありありと写真で見ることができますので、珪藻土の機能もこれならきっと納得がいくはず。

 

この本では、珪藻の生育環境ごとに章立てし、そこではどのような珪藻が生育しているのか、豊富な写真とともに、種類、特徴などを解説します。

図鑑的な要素以外にも珪藻がどのような生き物なのかの基礎知識、様々な学問からのアプローチ、アート、そして実際に観察するための方法などもわかりやすく解説。珪藻の美しさに魅了されたファンの方だけでなく、教育関係者、生物を勉強している学生、広く環境に関する事業を行っている企業・団体関係者などにも手に取っていただきたい一冊です。

 

 

【目次】

はじめにー2
珪藻とは ー4
基本的形態と分類形質ー6
珪藻の生活環ー8
珪藻の分類ー12
珪藻の属ー14
池の珪藻ー25
湿原の珪藻ー89
湖の珪藻ー101
河川の珪藻ー111
海の珪藻ー117

様々な珪藻の話題ー186
透過電子顕微鏡 胞紋構造ー187
蛍光を観察するー188
珪藻アートー190
底生珪藻ー192
南極海生態系の基礎生産者ー196
動く珪藻・動かない珪藻ー199
生殖、配偶子ー200
群体形成ー202
長いのに丸い仲間ー204
丸いのに長い仲間ー205
化石珪藻ー206
強酸性水域に出現する珪藻ー208

付録ー209
採集方法ー210
観察方法ー214
系統樹ー218
分類表 属名リストー220
索引ー227
参考文献・著者紹介ー238
謝辞・あとがきー239
奥付ー240

<コラム>
タイプ標本の探索ー47
珪藻の利用ー53
フナガタケイソウの見分け方ー63
殻の外形の呼び方ー66
珪藻と古環境ー67
胞紋の構造ー75
珪藻の中を観察するー88
中心類珪藻の見分け方ー98
敵との戦いー100
珪藻の学名と和名ー115
サンゴ礁の砂上にみられる珪藻ー116
珪藻の光合成ー149

 

【書籍概要】

書 名:珪藻観察図鑑
著 者:南雲 保、鈴木 秀和、佐藤 晋也
仕 様:A5判、240ページ
定 価:本体3,000円+税
配本日:2018年7月20日(金)
ISBN:978-4-416-51844-1

【書籍のご購入はこちら】

紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416518441
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15432436/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4416518447/
honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_29005497.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1106880004

 

 

 

 - 未分類, 珪藻土