みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

自宅内での熱中症に注意!熱中症にならない対策

      2018/07/15

近年「酷暑」と言われるほど夏が暑くなっています。毎年聞かれる「熱中症に注意!」という呼びかけですが、家の中でも熱中症の症状が起こる事例が多発しています。」

熱中症の症状

軽症

・めまい
・たちくらみ
・手足のしびれ
・こむら返り

至急涼しい場所に移動し、安静、十分な水分と塩分を補給する

症状が改善したら安静にしながら様子を観察

 

中等症

・頭痛
・吐き気
・身体のだるさ
・集中力・判断力の低下

至急涼しい場所に移動し、安静、十分な水分と塩分を補給する
身体を冷やす
症状が改善しない場合、口から水を飲めないようなら病院へ受診する

重症

・意識障害
・運動障害(普通に歩けない)
・けいれん

至急涼しい場所に移動し、安静、十分な水分と塩分を補給する

保冷材などで身体を冷やす
救急車を要請する

自宅で熱中症になるケースが増えている

熱中症は直射日光が当たるような屋外をイメージしますが実は自宅内で熱中症を発症するケースが多いのです。

 

自宅での熱中症を防ぐには室内に熱気がこもらないようにする

室内での熱中症対策は風通しを良くする、日中の窓からの日差しをカーテンやすだれで遮ることが大切です。
窓を開けて風を通したり、扇風機を使って室内の空気をかき回すようにしましょう。
また、クーラーを使って室内の温度を下げましょう。

熱気のこもりやすいお風呂場などは特に注意してください。

喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をする

熱中症対策には十分な水分補給が大切です。入浴後はかなりの水分が失われますので、入浴の前と後に多めに水分を取るようにしてください。
寝ている間も汗が大量に出ますから水分補給をするようにしてください。また暑さのために寝不足になるとこれも熱中症のリスクが高まりますので暑い夜はクーラーで室内の温度を調節しましょう。
日中過ごすときも喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をするようにしてください。水だけでなく、時々経口補水液のようなものを意識的に飲むようにしましょう。

室内の温度を上げにくい素材を家に採用する

二重サッシや珪藻土壁など部屋に外の熱気を伝えづらい素材を内装材やサッシに使用すると家の温度をある程度一定に保つことができます。自然素材の家は夏でもひんやり涼しいのでリフォームの際は検討してみるといいかも。

 

 

 

 - 未分類, 断熱