みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

地鎮祭の近所への挨拶回り 品物・熨斗・挨拶の内容などをご紹介

      2018/06/23

新築を建てるときは新しく引っ越してくる場合も、建て替えの場合も地鎮祭のタイミングでご近所に挨拶をするようにしましょう。これから始まる工事でご近所トラブルを防ぐためにも必須の挨拶回りのあれこれについてご紹介します。

ご挨拶する範囲

ご挨拶回りをする範囲は両隣、向かい3軒、真裏です。それ以外にも工事車両が通る家、工事関係でご迷惑をかけそうな家にはご挨拶回りをしておきましょう。

 

不在の場合

挨拶回りの際に不在の場合は出直します。同じ日に済ませたいですが、これはマナーですので改めて伺うようにします。また、施工会社の方で挨拶回りするので不要と施工会社に言われるかもしれませんが、たとえ二重になったとしても施主での挨拶回りは省略しないようにしてください。

 

品物の内容・表書き

品物の内容はどんなものでもOKです。500円~1000円程度のものでお渡しできるものなら大丈夫です。熨斗は「粗品」または「御挨拶」で蝶結びの熨斗を使用します。名前は名字だけでかまいません。

挨拶回りに使用する品物はすべての家が同じもので統一するようにしてください。後になってご近所どうしのふとした会話の中で

「あの新築のお家、丁寧ね~。○○の詰め合わせいただいちゃって。」

「そうね~・・・。(あれ、うちはタオル1枚だったけど)」

なんてことでもやもやが残りかねません。

 

挨拶で伝えること

ご挨拶の際に伝えることは

名前(どの場所に引っ越してくる誰なのか)
工事期間・引っ越し時期
工事期間中にご迷惑をおかけましますがよろしくお願いします

この3点になります。

またご挨拶の際にメモ帳を持っていると便利です。不在宅をメモしておくことと、ご近所の方から情報があるかもしれません。(留守宅の情報や「あの家には挨拶しておいた方がいい」など)ちょっとした書くものを持って回ると失敗が少ないです。

 

 

 

 - 未分類