みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、水戸エリア情報をお届けしています。

*

トイレの壁を珪藻土にしたい!お掃除は?汚れたらどうする?やっぱりビニールクロスがいいの?

      2017/04/01

珪藻土壁は調湿効果や消臭効果があるため、トイレのような水場で臭いが出たり、窓がなかったりする部屋に最適な素材です。でも、トイレは飛沫などの汚れが出るため、実際どうなの?と迷っている方も多いはず。そこで、トイレの珪藻土壁について考えてみました。

 

 

珪藻土はトイレのような場所におすすめの壁材

珪藻土壁材は調湿効果や消臭効果があるため、結露やカビを防ぎ、トイレの臭いを消臭していつもきれいな空気に保ってくれるという特徴があります。

そのような特徴から、トイレに窓がない住宅でもトイレ内の空気を綺麗に保ってくれ、臭いや湿度が出るトイレのような場所にはおすすめの壁材です。

 

珪藻土ならではの注意点

ところが、トイレに珪藻土壁にする場合は塗り壁ならではの注意点があります。一つは珪藻土の特徴の一つ、湿気を吸収する力。つまり、液状の汚れが付くとあっという間に染みこんでしまいます。珪藻土壁はビニールクロスのように雑巾で拭き取れば汚れが落ちる訳ではありませんので注意が必要です。また、珪藻土壁は結露やカビがないことが特徴ではありますが、飛沫汚れの部分にカビが生える可能性もあります。

 

壁の下部分はビニルクロス、壁の上部分と天井を珪藻土など、デザインとして考えるのもおすすめ

トイレの壁を珪藻土にしたい、でも汚れが心配!という場合は、トイレの床から1mくらいまでの高さをビニルクロスに、その上から天井までを珪藻土にする、天井だけを珪藻土にするなど、素材を変えてそのデザイン性を楽しむのも素敵ですよ。
→珪藻土仕上げが得意な左官業屋さんはコチラ

 

 

 

 

 - 未分類 , , , , , , , , , , ,