みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

梅雨時要注意!畳にカビが発生してしまったときの対処法

   

畳にカビが発生してしまった!そんなときは慌てずに対処しましょう。また、畳にカビが生えないようにする防止方法もありますので日ごろのちょっとした気遣いでカビを防ぐことができます。

畳は調湿効果がある日本の気候にあった素材

畳は余分な湿度を吸収してくれる日本の気候に合った日本古来から使用されている素材です。ただし、湿度を吸収してばかりで吐き出す機会がないとカビが発生してしまう可能性があります。6月の湿度が高い時期や高温多湿な状況、閉め切った部屋のままでいると畳にカビが生えやすい状況になります。

畳のカビの発生原因

・部屋が閉め切られている
・梅雨時や夏場などの高温多湿な時期である
・風通しの悪い部屋である
・新しい畳(イ草がまだ新しいため調湿効果が高く、湿気をたくさん吸うためにカビの発生リスクもあります。)
・新しいマンションなど機密性の高い建物

 

畳のカビ発生を防ぐために日ごろ気を付けること

畳にカビが発生しないためにはごく簡単なことを気遣うだけです。日常でできることばかりですので毎日できなくてもやってみてください。

・窓を開けて換気をする
・エアコンのドライをかける
・扇風機で換気をする
・新しい畳には敷物をしない
・こまめに乾拭き掃除をする

畳のカビを防ぐためには畳が吸った湿気を放出させてあげる必要があります。こまめに窓を開けて風通しを良くします。日中、お仕事で窓を開けられない場合は一日の少しの時間でもいいのでエアコンのドライをかけるか扇風機を回して部屋の空気を回してあげましょう。

また、新しい畳は調湿効果が優れていて湿気を吸いやすいため、カビが生えやすいのが事実です。上にラグやカーペットなどの敷物を敷くとカビが発生しやすくなるため、上に何か敷くのは避けた方がよいでしょう。また、素足で歩くことでカビの餌である菌を与えることになります。こまめに乾拭き掃除をすることもカビの発生を防ぐことができます。

 

もし畳にカビが生えてしまったら・・・

もし、畳にカビが生えてしまったら、消毒用アルコールを布にしみこませて畳の目にそってふき取り、固く絞った雑巾で拭きます。その後乾拭きをするか扇風機をかけて乾燥させます。カビがあまりにも広範囲に広がっていたりふき取っても取れないくらいの状態になってしまっていたら畳の交換をおすすめします。

 

 

 

 

 - 未分類,