みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

オール電化で停電になったらどうなる!?もしもの時のためにあらかじめ知っておきたいこと

      2018/05/10

オール電化住宅にした際、停電したらどうなっちゃうの?という心配があると思います。オール電化の弱点は電気が使えないときですがもしもの用意で乗り切ることが可能です。

オール電化で停電したら・・・・もちろん家のエネルギーは全滅です

オール電化住宅で停電したら、もちろん家中のエネルギーが使えなくなります。電気がつかないことはもちろんのこと、コンロでお湯も沸かせないし、お風呂も沸きません。トイレが電動式で流す方式ならトイレも流せない。これがオール電化の弱点と言えます。

オール電化で停電になったら生活にかかることほぼすべてができなくなります。ですので、万が一の場合に備えて準備しておくことが大切です。

 

停電に備えて用意しておくもの

もしもの停電に備えて用意しておくものとして照明器具と調理機器は用意しておきましょう。電気を使わずに使える乾電池式の照明のランタンのようなランプとカセットコンロがあれば大丈夫でしょう。
トイレはタンクレストイレでも停電の際にはレバーを回すと手動で流すことができるタイプがあります。トイレをリフォームする場合、新築で導入する場合に非常時にも流せるトイレかをチェックしておけるといいですね。

 

家庭用蓄電池の設置も検討しておく

家庭用蓄電池があれば数時間分の電気を貯めておくことことができます。ただし設置費用に数十万円のコストがかかります。

 

 

 

 - キッチン, リフォーム, 未分類