みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

珪藻土壁にリフォームするときに考えたい最低限のポイント

   

お部屋の壁を珪藻土壁にしたいときに最低限考えておきたいことをご紹介します。

予算を明確にしておく

塗り壁の施工費用は壁紙に比べて高くなります。思っていた以上に高くついたということのないように見積もりをお願いするときに予算も伝えておきましょう。予算内に収まらないようであれば家族で過ごすスペースのみを珪藻土壁にする、子供部屋を珪藻土壁にするなど、部屋ごとに施工の有無を決めていくとよいでしょう。

 

仕上がりのパターン、イメージを決める

塗り壁のメリットは仕上がりのパターンを選べることにあります。部屋によってパターンを変えられるところも魅力の一つです。イメージは口頭で伝えるよりも画像があった方が伝わりやすいのでインターネットや雑誌で気に入ったイメージがあったら画像をとっておきます。また、レストランなどのお店に訪問した際に気に入った質感があったら写真を撮らせてもらうとよいです。

 

珪藻土の壁紙というものもある

住宅事情で塗り壁の施工ができない場合や予算の都合で珪藻土壁にすることができない場合でも珪藻土の壁紙というものがありますのであきらめないでください。塗り壁の珪藻土壁ほどの性能には及びませんが、調湿効果、化学物質の吸収、臭いの吸収など珪藻土の機能が活きた壁紙があります。質感やパターンにもバリエーションがあるので検討してみる価値はあります。

 

 

 

 - 未分類, 塗り壁, 珪藻土, 自然素材, リフォーム