みとリフォーム

水戸・茨城エリアのリフォーム、外壁、リノベーション、バリアフリー化、珪藻土、水戸エリア情報をお届けしています。

*

自宅で発電する総エネ設備の種類と特徴

      2018/04/08

自宅で発電する総エネ設備の種類と特徴をご紹介します。太陽光発電をはじめとして給湯器の熱を利用した発電システムなど家庭に合ったものを選ぶとよいでしょう。

 

太陽光発電

屋根に太陽電池モジュールを取り付け、発電した電気が余ったら電力会社に電気を売る売電をすることもできます。屋根の形状によって太陽光パネルが取り付けられなかったり、取り付けられるタイプが限定される場合があるので要注意。

 

エネファーム(家庭用燃料電池)

都市ガスから水素を取り出し空気中の酸素と化学反応させて発電するクリーンな発電方法で、燃料電池ユニットと貯湯ユニットから成ります。室外機の重量があるので土台にコンクリートを敷設するなどの工事もかかってきます。初期費用は300万円ほどで導入することができます。

 

エコウィル(ガス発電給湯暖房システム)

都市ガスを燃料にして発電した廃熱を給湯、追い炊き、温水式床暖房に直接利用できる効率の良いシステム。発電ユニットと貯湯ユニットから成ります。

 

太陽光発電、エネファーム、エコウィルともに国や自治体の補助金制度もあるので事前にチェックしてお得に設置するようにしましょう。

 

 

 

 - 未分類, リフォーム